順風満杯な男にある日かかった冤罪、そして史上最悪の刑務所行き。それは今までと違う人生を歩む為の過酷な試練の始まりでもあった。スティーヴン・キングの中編小説の映画化。

時は1947年。
若くして銀行副頭取になったアンディ(ティム・ロビンス)は、妻とその不倫相手を殺害した罪に問われる。
無実を訴えるも終身刑が下り、彼は悪名高きショーシャンク刑務所に収監される事となった。

恐ろしい所長ノートン(ボブ・ガンドン)、囚人を撲殺する事もある主任刑務官のハドリー(クランシー・ブラウン)だけでなく、アンディは、荒くれ者の囚人ボックス(マーク・ロルストン)の目にも怯える日々。

しかし彼はここで長期服役し何度も仮釈放を却下されている調達屋のレッド(モーガン・フリーマン)と親しくなる事で、生きる術を少しでも見出そうとするのだが…

原 題 THE SHAWSHANK REDEMPTION
製作年 1994年
製作国 アメリカ
監督:脚本 フランク・ダラポン
製作総指揮 リス・グロッツアー
撮 影 ロジャー・ディーキンス
音 楽 トーマス・ニューマン
出 演 ティム・ロビンス(アンディ)、モーガン・フリーマン(レッド)、ボブ・ガントン(ノートン所長)、クランシー・ブラウン(ハドリー主任)、ギル・ベローズ(トミー)、ジェームス・ホイットモア(ブルックス)、マーク・ロルストン(ボックス)


仮に出所したとしても、社会的に抹殺された元囚人に未来はないという烙印を押される、ショーシャンク刑務所行き。

アンディはこれを、運を味方につけるだけでなく、頭の良さ、そして銀行員としての勘の良さを生かし、何としてでも『社会的に抹殺されないうちに外に出る』という最終目標を果たそうとします。

その為に、彼は収監されレッドに出逢った日から具体的な努力をし始めるのです。
収監された2年後、屋根の修理作業中に主任刑務官ハドリーの遺産相続問題の噂を聞くと、この問題の解決を申し出、ハドリーの信頼を得るだけでなく、自分の危害を加えるボックスの一件までも片付ける手腕の良さは、ビジネス面での見どころです。

アンディはその後、図書係に配置換えとなります。
彼は最終的に、所長や主任の税務処理や資産運用を悪い面で任される事になり、企業において手腕を評価された人間が悪だくみの片棒を担がされてしまいます。

そんな時、アンディが図書館で出会った半世紀も服役しているブルックス(ジェームス・ホイットモア)が仮釈放されます。
しかし、外の社会になじめなかった彼には悲痛の最期が待っているのです。 これは現代社会の歪みを現わしているかの様です。

その後、刑務所に コソ泥で捕まったトミー(ギル・ベローズ)という男性が収監されてきます。
トミーは、アンディが冤罪をかけられる事になった真犯人をしっている事を明かしますが、その話を聞いた アンディが再審要求をした為に トミーは、刑務所の上層部に脱走に見せかけ殺されてしまうのです。

そして、刑務所内で信じるものがなくなったアンディがやり遂げた事が最後に出てきます。
私たちはそこから何か学ぶものがあるはずです。

「ショーシャンクの空に」を鑑賞する