天才的な頭脳を持つ少年は愛を知らぬまま心を閉ざしていた。
彼の背中を押すのは後悔よりも先に進む勇気。
今や第一線で活躍するマット・ディモン、ベン・アフレックの出世作。

MIT教授ランボー(ステラン・スカルスガルド)は、生徒たちが悪戦苦闘する代数的グラフ理論の難問を用務員のウィル・ハンティング(マット・デイモン)が簡単に解いてしまった事に驚く。

ランボーは彼の非凡な才能に目を付けるものの頭脳明晰で素行の悪いウィルに手玉に取られるばかり。
お手上げになったランボーは、心理学を教えるショーン(ロビン・ウィリアムズ)にウィルを託す事にする。

ウィルは最初はショーンをからかったものの、彼はショーンが自分同様心に深い傷を負う身である事を知る。

原 題 GOOD WILL HUNTING
製作年 1997年
製作国 アメリカ
監 督 ガス・ヴァン・サント
製作総指揮 ボブ&ハーヴェイ・バーンスタイン
脚 本 マット・ディモン、ベン・アフレック
撮 影 ジャン=イヴ・エスコフィエ
音 楽 ダニー・エルフマン
出 演 マット・デイモン(ウィル・ハンティング)、ロビン・ウィリアムズ(ショーン)、ベン・アフレック(チャッキー)、ミニー・ドライバー(スカイラー)、ステラン・スカルスガルド(ジェラルド)、モーガン(ケイシー・アフレック)、ビリー(コール・ハウザー)


ウィルは、コソ泥や喧嘩を繰り返した挙句、仮釈放プログラム一貫でMITの用務員職に就いていたものの、仕事が終われば親友のチャッキー(ベン・アフレック)や、モーガン(ケーシー・アフレック)、ビリー(コール・ハウザー)たちと街で、だらだら過ごしていたのです。

でも人の数十倍の速さで本の内容を理解し、難解な数式も一瞬で解いてしまうウィルは心のどこか物足りないと感じていました。

映画の中で、マット・ディモン演じるウィルは過去のトラウマにとらわれるばかりに宝の持ち腐れになっている学生を演じています。
彼が過去の自分から脱皮するのを手伝うのがショーンやスカイラーであり、後ろを振り返るウィルの背中を押すのがベン・アフレック演じるチャッキーです。

『おれはこう思ってる、一番のスリルはお前んちの玄関にいく10秒前、ノックしてもお前は出てこない、何の挨拶もなくお前は消えている、そうなればいい。』

私生活でも親友であり、この作品の共同脚本を手がけたベン・アフレックの言葉がこの映画の主旨を物語っているのではないでしょうか。

出てくる登場人物、男性は『~たられば』に縛られ前に進めない人物ばかりです。
ランボーは黒板に数式を書いた時、生徒に解けば学校新聞に名前が載ると言い、そして こう言います。

この数式を解いたものは、数学界の権威、フィールズ賞数学者、高名な宇宙物理学者、そしてわびしい教授だと、自分の叶わなかった夢を語ります。

人生『~あの時こうしていれば』という後悔に縛られるよりも、前に進む為にウィルはあえて過去を断ち切り前に進んでいきます。

その姿は、当時ハーバードを中退し、俳優の道に進んだマット・ディモン本人を映し出している様にも見えます。

「グッドウィルハンティング~旅立ち~」を鑑賞する