俺の7万ドルを返せ!
泥棒稼業を営んできた男は一世一代の大仕事で相棒と妻に裏切られ、見果てぬ復讐に出た。
ケイパーストーリーテラー・リチャード・スタークの『悪党パーカーシリーズ』二度目の映画化。

ポーター(メル・ギブソン)は、相棒のヴァル(グレッグ・ヘンリー)と妻リン(デボラ・カーラ・アンガー)と共にチャイニーズマフィアの14万ドルを強奪し、ポーターは分け前7万ドルを受取るはずが、ヤク中になっていたリンはポーターに発砲。ヴァルはポーターの分け前とリンを奪い逃走した。

一命をとりとめたポーターは、傷が癒え街に戻り復讐を誓うのだが、それはただヴァルを掴まえて7万ドルを取り返すだけでは済まされない騒ぎとなるのだった…

原 題 PAYBACK
製作年 1999年
製作国 アメリカ
監督・脚本 ブライアン・ヘルゲランド
製作総指揮 スティーヴン・マクヴィーティ
原 作 リチャード・スターク
撮 影 エリクソン・コア
音 楽 クリス・ボードマン
出 演 メル・ギブソン(ポーター)、グレッグ・ヘンリー(ヴァル)、マリア・ベロ(ロージー)、デボラ・カーラ・アンガー(リン)、クリス・クリストファーソン(ブロンソン)、デヴィット・ペイマー(ステグマン)、ジェームス・コバーン(フェアファックス)、ウィリアム・ディバイン(カーター)、ビル・デューク(ヒックス)、ルーシー・リュー(パール)、トレヴァー・St・ジョン(ジョニー)


映画の原作は『殺しの分け前/ポイント・ブランク(1967年:出演:リー・マーヴィン)』で一度映画化され、今回は二度目の映画化となります。
『悪党パーカーシリーズ』は他に2013年に公開されたPARKER/パーカー(出演:ジェイソン・ステイサム。原作:悪党パーカー/地獄の分け前)があります。

パーカーシリーズの主演を演じる俳優は、過去の映画化作品を見ても、原作の雰囲気を大事にしつつ個性的かつアクの強い俳優が選ばれているという事が判ります。

悪党1人殺しても次から次へと悪党が現れてくるのも悪党パーカーシリーズの特徴で、この映画でも、パーカーはヴァルから自分の取り分7万ドルと妻を返して貰えばそれでいいと思うのですが、ヴァルはパーカーが死んだと思い込み強奪金の大半を借金返済へ充ていた為に彼の背後の組織が判明します。

パーカーは、金を横取りしようとする悪徳警官ヒックス(ビル・デューク)らに追いつめられ、そうはいくかと元締のブロンソン(クリス・クリストファーソン)の息子ジョニー(トレヴァー・St・ジョン)をロージーに誘惑させ、誘拐し、ヴァルの組織のボス・フェアファックス(ジェームス・コバーン)、カーター(ウィリアム・ディバイン)らに近づいていきます。

クライマックスからラストにかけて、パーカーは多勢に無勢の中どの様に戦い抜くのか、ヴァルに対する落とし前のつけかた、そしてパーカーが罪を被らずどうやって切り抜けるかも見物です。

ただ観ている限り、リンの命まで奪った理由はパーカーの身からでた錆、つまり娼婦ロージーとの浮気じゃないかとも思うだけに、あのラストは男尊女卑な映画なのかなとも思いました。

「ペイバック」を鑑賞する