ビジネスで成功し地位も名誉も確立した僕の前を横切ったのは2年前に突然僕の前から姿を消した彼女。
運命のいたずらか、しくまれた事だったのか。
仏映画『アパートメント』を『SHERLOCK』の監督がリメイク。

会社の上司の娘レベッカ(ジェシカ・パレ)との婚約を目前に控えたマシュー(ジョシュ・ハートネット)は、電話をかけにいった先で、そこから走り出る女性の後ろ姿をみつける。
それは2年前に突然自分の前から姿を消した恋人リサ(ダイアン・クルーガー)だった。

彼女が電話ボックスに残したホテルのカードキーを見つけると、マシューは中国に出張予定をずらし、リサを探す事にする。
しかしホテルを訪ねてもリサは不在。

リサを訪ね、ようやく辿り着いたアパートでは、彼女と同じ名前の女性(ローズ・バーン)が住んでいた・・・

原 題 WICKER PARK
製作年 2004年
製作国 アメリカ
監 督 ポール・マクギガン
脚 本 ブランドン・ボイス
製作総指揮 ヘンリー・ウィンタースターン
撮 影 ピーター・ソヴァ
音 楽 クリフ・マルティネス
出 演 ジョシュ・ハートネット(マシュー)、ダイアン・クルーガー(リサ)、ローズ・バーン(アレックス)、マシュー・リラード(ルーク)、ジェシカ・パレ(レベッカ)、クリストファー・カンズ(ダニエル)


映画の結末としては、観る女性によって賛否両論に別れる作品です。
俗にいわれる『こじらせ系』の女性には、偽リサの気持ちにぶれるかもしれません。

愛される自信のない人は、何故マシューの2年前の恋愛がうまくいかなかったのか、誰に邪魔をされたのか、この映画ではっきりと判ると思います。

自分に自信がないといいながら『恋した相手は絶対に自分に振り向くべき』という 偽リサの思い込みが招く一連の悲劇が動かす物語だと思いますし、私たちの日常にも起こりかねない物語だと思います。

2年前引っ込み思案で、恋愛をこじらせた女性が成長して、主人公だけでなく、周囲の人間を巻き込み疲弊させてしまうというシチュエーションを目の当たりにし、恋愛は傍観者で居た方が楽かもしれない、と思う方も多いでしょう。

偽リサは、傍目には得られるものを社会的には恵まれているのですが、愛情面で満たされていないのです。
ですから、マシューやリサ、周囲の人間がうらやましく『ホワイトライズ』で突き進んで周囲を壊してしまいます。

その結果、彼女が幸せになれたかどうか、という事は、映画を観る側の判断に委ねられる作品です。

人生の伴侶に誰を選べばいいのか判らない、うつろう主人公をジョシュ・ハートネットが好演しています。
劇中で彼は宝石商に3つの指輪から選びなさいと言われるシーンがあるのですが、それは、彼の運命の分かれ道と言えたのではないでしょうか。

「ホワイト・ライズ」を鑑賞する