家族に愛されなかった娘、家族に見放された男が自分たちを突き放した社会に挑むのは今。
そして家族から得たかったものは何か・・・。
名優クリント・イーストウッドが送る珠玉の名作。

元ボクサーのフランキー(クリント・イーストウッド)は、カットマン兼トレーナーを経て、LAのダウンタウンにある小さなボクシングジム『ヒットピット』を開く。

現役時代からの彼の相棒エディ(モーガン・フリーマン)は、タイトルマッチを避け、挙句の果てに所属選手に逃げられる保守的なフランキーの采配を黙ってみているしかなかった。

ある日『ヒットピット』にボクサーを目差したいと1人の女性・マギー(ヒラリー・スワンク)が訪れる。
ボクサーを目差すには遅すぎる年齢、しかも女性という事で見向きもしないフランキー。

しかし背水の陣をひき練習に挑むマギーは瞬く間に成績を残していく・・・

原 題 MILLION DOLLAR BABY
製作年 2004年
製作国 アメリカ
監督・音楽 クリント・イーストウッド
脚 本 ポール・ハギス
製作総指揮 ロバート・ロレンツ
原 作 F・X・トゥール
撮 影 トム・スターン
出 演 クリント・イーストウッド(フランキー)、ヒラリー・スワンク(マギー)、モーガン・フリーマン(エディ)、アンソニー・マッキー(シャウリール)、マイク・コルター(ビッグ・ウィリー)、マイケル・ペーニャ(オマー)、ジェイ・バルシェル(デンジャー)


マギーは最初、エディから中古のスピードバックを貰い、ウェイトレスをしながら練習をします。
でもフランキーは、マギーが来た日に入れ違いに引き抜かれたビッグ・ウィリー(マイク・コルター)がタイトル・マッチで勝つまで彼女の存在すら認めようともしないのです。

その時にマギーは言います。
また一年たった。13の時からウェイトレスをやってる。知ってる? 弟は刑務所、妹は不正に生活保護を受けている、母親は145キロのデブ。 本来なら中古のトレーラー暮らしなの、これしかない。

彼女はフランキーなら自分を育ててくれると思い飛び込んでいった、でも、劇中でフランキーは『良かれ』と思い彼女にした事がことごとく『裏目』に出ます。

成績を上げるマギーをみて彼女をなじみのマネージャー・サリー(ネッド・アイゼンバーグ)に紹介するものの、マギーは別の試合を有利に組む為に強豪と組まされていた事が発覚。

フランキーが『オレの選手だ!』と引取っていく姿は見どころです。

英国タイトルマッチの後マギーは家族の為に家を買うのですが、母親や妹には、信じられない様な悪口雑言を吐かれてしまいます。

自立して違う人生を歩む事が全てと信じるマギーと他力本願な、その他の家族の面々の決裂の時を描いた場面でもあるシーンです。

家族と決裂したマギーからボクシングを取れば何も残らない、というよりもフランキーとの時間を取ってしまうと何も残らなかったのではないでしょうか。

マギーがフランキーを通して欲しかったのは地位や名誉ではなく埋められない愛情だったという事が感じられる一作です。

「ミリオンダラー・ベイビー」を今すぐ観る