時は近未来。殉職した父の威厳に押しつぶされ生きてきた青年が、今銀河を駆け抜ける時が来た・・・。
クリス・パイン主演待望の『スタトレ』リブート第一作。

カーク(クリス・パイン)は幼い頃に、宇宙艦隊士官だった父ジョージ(クリス・ヘムズワーズ)を亡くし、酒と喧嘩に明け暮れ、バーで騒ぎを起してしまう。

彼をみかねたパイク大佐(ブルース・グリーンウッド)は、お前の父親は800人の命を救った英雄だと語り、宇宙艦隊アカデミーへの入学を勧める。

カークは在学中に模擬戦闘で不正を行い、聴聞会に召集されてしまうが、その最中に、バルカン星からの緊急救助要請が届く。

カークは謹慎の身だったが、ボーンズ(カール・アーバン)の機転でパイク大佐が指揮するエンタープライズ号に乗り込み、バルカン星に向かう。

そこで目にしたのは、父を殉職させた謎の巨大宇宙艦ナラーダ号だった・・・

原 題 STAR TREK
製作年 2009年
製作国 アメリカ
監 督 J・J・エイブラムス
脚 本 アレックス・カーツマン
製作総指揮 ブライアン・バーク
原 作 ジーン・ロッデンベリー
撮 影 ダニエル・ミンデル
音 楽 マイケル・ジアッキノ
出 演 クリス・パイン(ジェームズ・T・カーク)、ザカリー・クイント(スポック)、カール・アーバン(レナード・”ボーンズ”マッコイ)、ゾーイ・サルダナ(ウフーラ)、サイモン・ペッグ(モンゴメリー・スコット)、ジョン・チョー(ヒカル・スールー)、アントン・イェルチン(パヴェル・チェコフ)、ブルース・グリーンウッド(クリストファー・パイク)、エリック・バナ(ネロ)、クリス・ヘムズワース(ジョージ・カーク)、ジェニファー・モリソン(ウィノナ・カーク)、レナード・ニモイ(老スポック)


監督がJ・J・エイブラムスであることから『JJTrek』といわれるこのシリーズ。

過去の『スタトレ』メンバーは、原則として出てこないという事や、設定だけ貰い、話を新しく作り替えた事から、今回の『スタトレ』はリブート作と見られていています。

主演のクリス・パインとしては『ジャック・ライアンシリーズ』とこの作品、二作がリブート作である事も注目の的でしょう。

かつて人気を誇ったシリーズに喝を入れるという事に成功したのは、『007ゴールデンアイ』で五代目007を引き継いだピアース・ブロスナンと、『ミッション・インポッシブル』をリブートさせたトム・クルーズ2人だけなので、クリス・パインの新鮮な魅力には期待のかかるシリーズとなっています。

今回の敵は、超新星爆発により故郷を失ったロミュラン星人のネロ(エリック・バナ)。自分の星が救われなかったのは、惑星連邦の意思決定が遅れた為と考えていて、その見せしめとして過去に遡りバルカン星を破壊し、パイク船長を人質にとり、今度は惑星連邦本部のある地球にその刃を向けようとします。

そんな一大事であるにも関わらず、カークとスポックは対立。
挙句の果てにスポックはカークを惑星デルタ・ウェガに放り出してしまいます。
そこでカークは、老スポック(レナード・ニモイ)に出逢い、事の発端を知る所も見どころでありマニア垂涎のシーンです。

ここからは、多種多様なアクションと、過去作品へのオマージュをふんだんに交え、観客を飽きさせない作りにしつつ、次回へ続くようなエンディングにしているのも面白みがあります。

「スタートレック」を今すぐ観る